組合沿革

昭和49年 11月 日本木工刃物加工研究会として発足 94社加盟
昭和51年 2月 愛媛県高等職業訓練校内に研磨技能開発センターを開設
4月 日本木工刃物加工研究会を改組。全国木工刃物工業会とし、組織の拡大を図る
昭和53年 3月 研磨技能開発センターに於いて第1回研修会開催
昭和54年 4月 労働省・太田技官、研磨技能開発センター実情視察に来校
6月 組織のより安定と発展を目指し、全国木工刃研工業協同組合と改組し国家検定職種採用を目標に掲げる。
9月 第1回刃研研修テキストを完成、技能集団を目指す。
昭和55年 10月 研磨技能検定専門調査委員会10名で発足。
第1回調査審議会が東京で開催
昭和56年 6月 愛媛研修センターに於いて、超硬刃物研磨作業トライアルテスト実施
11月 愛媛技能開発センターより感謝状を授与される。
昭和57年 1月 国家検定が始まる。
3月 我が国初の超硬刃物研磨技能士誕生
10月 刃研研修用テキストを超硬刃物研磨技能研修テキストに改訂
昭和62年 7月 全国木工刃研工業協同組合を改組し、全国機械用刃物研磨工業協同組合とする。
昭和63年 1月 同青年部会発足
平成元年 11月 青年部会、第1回の海外研修を実施。台北家具、木工機械展見学
平成9年 11月 労働大臣より、卓越技能者表彰者を当組合より輩出。
その他、各都道府県に於いても多数の名工・功労・表彰者を輩出しています。
平成11年 1月 超硬刃物研磨技能研修テキストを改修し、機械用刃物研磨テキストが完成。
平成18年 10月 「切削工具研削 超硬硬刃物研作業」一級技能士4名、二級技能士4名が合格。
平成20年 10月 「切削工具研削 超硬硬刃物研作業」一級技能士6名、二級技能士7名が合格。
平成22年 10月 「切削工具研削 超硬硬刃物研作業」一級技能士7名、二級技能士4名が合格。
平成24年 10月 「切削工具研削 超硬硬刃物研作業」一級技能士8名、二級技能士4名が合格。
平成27年 10月 「切削工具研削 超硬硬刃物研作業」一級技能士11名、二級技能士3名が合格。


全国機械用刃物研磨工業協同組合(事務局)

〒950-0821 新潟県新潟市東区岡山1282番地
TEL : (025)278-3394
FAX : (025)278-3287
E-mail:office@haken-kumiai.org


組合員一覧

青年部会について

リンク


組合員用SNS






ページのトップへ戻る